お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月

5

DevRel Meetup in Tokyo #18

今回のテーマはメディア!

主催 : moongift

ハッシュタグ :#devreljp
募集内容

事前払い枠

800円(前払い)

先着順
13/20

当日払い枠

1000円(会場払い)

先着順
26/30

前払いについて

前払いについての連絡先:

(参加者にのみ公開されます)

キャンセル・参加費用の払い戻しについて主催者からの説明:

MOONGIFTプレミアム云々というメールが届いてしまうかも知れませんが、無視してください。3月25日までのキャンセルは払い戻し可。

イベントの説明

今回はメディア各社によるLT&ディスカッションになります

Amazon、Google、Facebook、Evernote、GitHub…多数の企業が実践しているマーケティング手法がDevRel(Developer Relations)です。外部の開発者とのつながりを形成し、製品やサービスを知ってもらうこと、さらに彼らの声を聞くことでサービスの改善や機能追加に活かしていく活動になります。

日本でもエヴァンジェリストやデベロッパーアドボケイトと呼ばれる方が増えており、製品やサービスを紹介しています。DevRel Meetup ではそうしたエヴァンジェリスト、DevRel活動を行っている方が集まり、知見を共有したり情報交換をする場にしたいと考えています。イベントを繰り返すことでDevRelやエヴァンジェリスト、アドボケイトの認知度向上をはかりたいと考えています。

DevRelとメディアの関係について

DevRelでの活動として、オンラインメディア向けに記事を執筆したり、書籍を書いたりすることはよくあるかと思います。日々の勉強会やハンズオンも大事ですが、オンラインメディアの発信力はとても強力ですし、サービスに関連した書籍があるだけで開発者に対するインパクトは大きいものになるでしょう。

そんな中、メディアによく取り上げられるサービスと、そうではないサービスがあったりします。メディア各社との上手な付き合い方が分かると、DevRelの幅が広げられるのではないでしょうか。

コミュニティ

どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

Slack : https://slack-inviter.herokuapp.com Twitter : @devrelTokyo Facebook : devreltokyo

場所

21cafeさん(渋谷)

敬称略

タイムスケジュール

時間 内容
19時 開場
19時15分 挨拶&会場紹介
19時25分 自己紹介
19時35分 コミュニティとテクノロジーとメディア by 馮さん@技術評論社
19時50分 営利目的の技術系メディア・イベントはどのように作られているのか? by 近藤さん@CodeZine
20時05分 技術系メディアに取り上げられるたった3つの方法 by 鈴木さん@Think IT
20時20分 NTTコミュニケーションズがちょっと変わったメディアを作ったわけ(仮) by 仲さん@NTTコミュニケーションズ
20時35分 ディスカッション
20時50分 懇親会
21時30分 完了

登壇内容

コミュニティとテクノロジーとメディア by 馮さん@技術評論社

1999年、日本では一大Linuxブームが立ち上がり、各種OSSコミュニティが生まれました。それから技術系情報の取り扱いは大きく変化し、21世紀に突入しています。さらに2004年のmixiブーム、その後のTwitter、Facebookの普及はメディアの在り方を大きく変えたといっても過言ではありません。本セッションではスピーカー自身のメディア経験と昔話をふまえながら、コミュニティとメディアの観点で、情報の扱いについて取り上げます。

営利目的の技術系メディア・イベントはどのように作られているのか? by 近藤さん@CodeZine

今や個人やコミュニティ、一企業が気軽に発信できる時代となりましたが、その中で商業技術メディア、商業技術イベントはどのような立ち位置で、どんなコンテンツがあり、どのように作られているのでしょうか? メディア・イベントのコンテンツや効果が分かれば、どのように露出していくべきか、プロモーションをどうするか戦略も立てやすいと思います。今日は、一編集者である私が関わったものを中心にお伝えしたいと思います。

技術系メディアに取り上げられるたった3つの方法 by 鈴木さん@Think IT

せっかくサービスをリリースしたのにメディアが取り上げくれない! そんな経験はありませんか? ただ取り上げられるのを待っているのではなく、メディアを巻き込んで製品やサービスを知ってもらうにはどうすればよいのでしょうか。メディアの立場から効果的な情報発信のヒントをお伝えします。

NTTコミュニケーションズがちょっと変わったメディアを作ったわけ(仮) by 仲さん@NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズでは2013年7月からHTML5Experts.jpというメディアを運営しています。これはオウンドメディアでありながら、非営利、中立、運営はコミュニティと連携するという、ちょっと変わったメディアです。NTTコミュニケーションズがなぜこんなメディアを立ち上げたのか、その運営の裏側も含めてお話します。

対象者

  • エヴァンジェリスト・デベロッパーアドボケイト
  • エヴァンジェリスト・デベロッパーアドボケイト活動に興味がある人
  • DevRel活動(開発者向けPR)に興味がある人

主催者

DevRel Meetup in Tokyo

コミュニティ

どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

Slack : https://slack-inviter.herokuapp.com Twitter : @devrelTokyo Facebook : devreltokyo

資料 資料をもっと見る/編集する

フィード

kondoyuko

kondoyukoさんが資料をアップしました。

2017/04/20 01:29

Noriyuki Suzuki

Noriyuki Suzukiさんが資料をアップしました。

2017/04/13 13:10

moongift

moongift さんが DevRel Meetup in Tokyo #18 を公開しました。

2017/03/07 17:55

DevRel Meetup in Tokyo #18 を公開しました!

グループ

終了

2017/04/05(水)

19:00
21:30

募集期間
2017/03/07(火) 17:55 〜
2017/04/05(水) 21:30

会場

21cafe

東京都渋谷区道玄坂2-11-1 (G-SQUARE 10階)

21cafe

参加者(39人)

Noriyuki Suzuki

Noriyuki Suzuki

登壇しますーDevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

おだしょ

おだしょ

DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました(´Д` )♪

n0bisuke

n0bisuke

久々に! / DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

渡部 知記

渡部 知記

DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

TakenobuKoyama

TakenobuKoyama

DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

msato

msato

DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

kacky

kacky

DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

Taiji

Taiji

DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

tarotaro

tarotaro

DevRel Meetup in Tokyo #18に参加を申し込みました!

MAMEDEKA

MAMEDEKA

DevRel Meetup in Tokyo #18 に参加を申し込みました!

参加者一覧(39人)

キャンセルした人(8人)